活動をはじめた経緯

代表の福原です。この活動をはじめたのは、

経済中心の日本の生き方に合わず、なじめず、思い悩んだのが、はじまりです。 ——-

 

みんなが就職活動する中、どういうわけか、そちらには全く脚が動かず、

人間関係に悩み、鬱気味で、一人フィリピンに出かけた。

 

そして、バスの中でとある少年に出会い、彼の家族と村生活をすることになった。
その中で、安心で、温かい、人のつながりを感じた。

そして、日本に帰ってきて思うこと。

・そこに人がいない寂しさ
・街中で見知らぬ人に話しかけて、笑顔のやり取りがなくなった
・そこらじゅうにいた子どもたちがいない
・あっちにいる時に溢れていた自分の自然な笑顔、幸福感
・移住も考えているほど、心が動いている
・一度だけじゃない、何度、あの世界観に入って、帰ってきても思う

明らかに自分の幸せの根源はあの世界観の中にある

それまで知らなかった、自分の幸せがそこにあった

もし知らないまま生きていれば、ずっと、ズレを感じたまま生きていたかもしれない

あの世界を知ったおかげで、自分の幸せが何によって生み出されるかに気づき、

その方向に向かって生きていくことができるようになった。

移住しようかなとも思う。

でも、自分に与えられた力がある。
人を集め、人を巻き込むこと。

この力を使わないで、移住して暮らすだけでは、
自分の使命を果たしていない気がする。

自分は未知との出逢いの中で、自分の生き方をみつけた。

同じように、たくさんの人に、未知に飛び込み、自分の幸せの根源にたどり着いてほしい。 ——–

こんな思いから、「未知との出逢いをプロデュースする」
団体として、IFPを立ち上げました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。