日本語学校の方へ

国際交流学生団体IFPは、

「人は異なる文化の人と出会うことで 新しい価値観や生き方をみつけることができる」

という理念の元、国際交流の活動を行っている、

20人ほどの学生からなる団体です。

留学生と交流したいという日本人学生メルマガ会員様は5000名を超え、

そうした会員様と日本語学校様との交流イベントを企画/運営しています。

【IFPにできること】

・日本語学校様のニーズに合わせた、「日本人学生との交流企画」の作成、日本人集客、運営

・留学生と交流したい日本人学生の紹介

・放課後日本人ボランティアの派遣

・毎週開催している100人規模のIFP国際交流会の賛助会員になって頂き、

 「日本人との交流の場を定期的に持っている」というブランディングをして頂くこと

・賛助会員になって頂き、「日本人文化交流校認定」を発行すること

・入国/帰国留学生の空港からお宅までの送迎を行うこと

【過去のコラボイベントの実績】

現在7校と提携して、留学生のためになる企画つくっています。

早稲田生による早稲田大学ツアー、早稲田祭ツアー、東大生による東大駒場祭ツアー、

東京外語大生による外語祭ツアー、現地の人による龍ヶ崎いなかツアー

現地人案内による土浦花火大会、ボーリング、カラオケ、お好み焼き、回転ずし 食事会、等を行いました。

【進行中のIFPプロジェクト】

・毎週、世界中の学生が集まる国際交流会in新宿

・日本語学校とのコラボ企画

・プノンペン大学(カンボジア)、DMMMS大学(フィリピン)の奨学金制度を作成中

・フィリピンの田舎の暮らしを体感するワークキャンプを作成中

・国際バカロレア勉強会 – 坪谷・ニュウエル・郁子さんを囲む会

・東南アジア経験者が語る会

【団体概要】

都内大学生からなる学生団体。

運営スタッフは23人。

所属大学:早稲田/慶応/明治/立教/ICU/千葉/東京農工/駒沢女子/東京家政

【保有メディア】

メルマガ登録者5437人、

Facebookグループ5129人、

Facebookページ4102人、

Twitterフォロワー5436人。

合計20000人以上の独自メディアを保有(2014年9月20日現在)

IFPは、日本語学校様のブランディングになりながら、

弊団体の理念を達成できる様なイベントを企画したいと思っております。

また、留学生のためにできる事は何でもやりたいと思っております。

ご興味ある日本語学校様は、どんなご要望でも、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。